後片付けがモチベーションに繋がる

シンクにはなるべく置かないのがルール

食事の後に食器や調理器具でいっぱいになったシンクを見るとゲンナリしませんか?食器洗いは家事のワーストランク上位に君臨する嫌われ家事です。その状況を見るだけでもモチベーションが下がると言う方は、出来る限りシンクに置かない事をルールにしてみましょう。
要は使った後から洗っていけばシンクに食器は溜まりませんし、すぐに汚れを落とすのでこびりつきも防げます。調理は常に動いている訳では無く、ある程度の待ち時間も発生します。その待ち時間を有効活用すればダラける心配もありませんし、スピーディに家事が終わるので自分の時間を確保出来ます。
但し何度も使う食器や調理器具を洗うと面倒なので、洗うものを置く場所を決めておくと良いです。

汚れをふき取れば食器洗いが楽になる

ちょっとした事で家事が楽になるのなら、どんどん導入すべきです。食事が終わり食器洗いをする前に目立つ汚れをサッとふき取るだけでも食器洗いの時間がかなり短縮されます。特に油汚れは何もせずに洗うとヌルヌルしていますし、それが他の食器についてしまうと二度手間です。
ご飯粒や乾燥しやすい汚れは水につけておくとすぐに落ちます。食洗機を使う手もありますが、予洗いが必要なのでそれを面倒だと取るか否かで変わります。
また食洗機は導入コストが発生するので、低コストで時短や効率化を考えている方にはデメリットになります。日々の生活の中でちょっとしたコツや手間をかけるだけで、生活がグンと楽になります。自分なりにアレンジしながら効率化を目指して下さい。



TOP