調理をしている間の工夫が時短に繋がる

調味料を並べる事から始めよう

いざ料理を始める時、調味料を探したり計ったりしていて思った以上に時間が経過していた事はありませんか?調理に慣れていない方にありがちですが、まっさらな状態で料理をすると手間がかかってしまいます。
より効率化したい場合は調理前に必要な調味料を並べておき、少しでも動きをなくす方法です。必要なものが全て揃っているので探す必要もありませんし、生活動線が短くなるので調理に集中出来るのもメリットです。集中すると素早く調理が終わるので、それも時短のポイントになります。
調味料は使い終わったものから片付けていけばキッチンが乱雑になる事も無く、片付けもスムーズに出来ます。普段調理をしている際にダラダラしてしまう方におすすめの効率化です。

汎用性の高い調理器具を使う

調理器具は時短や効率化に強い味方ですが、物によっては逆効果になる可能性もあります。例えば炊飯器はご飯を炊く家電ですがケーキやローストビーフなどを作る事が出来ます。何種類の料理も作れるので、一見便利に見えますがそれの上位互換が電気圧力鍋です。ご飯やケーキ、ローストビーフはもちろんカレーや煮魚、ジャムに離乳食まで作れます。炊飯器を完全にカバーしてくれるので、2つあると意味がありません。
この様に如何に汎用性の高い家電を使うかが効率化のカギになるので、調理家電を購入する前はしっかりリサーチして何に使えるのかを確認して下さい。またスイッチを入れた後は放置するだけで料理が完成する調理器具もあるので、日中の内に作る事も出来ます。



TOP