家庭のかたちはどう変わった?

休日に作り置きをする

仕事から帰ってくるとヘトヘトで、今から料理を含む家事をするのがしんどい。そんな日もありますし、無理して作る必要はありません。しかし今からでも作らないと全く食べ物が無くて困っている。
そうならない為にも、休日に作り置きすれば仕事の日は簡単においしい料理を頂けます。野菜はものによりますが肉や魚は基本的に冷凍OKですし、煮付けなどは冷たい状態にする事でより味がしみ込んでくれるので作りたてよりもおいしくなります。
但しこの方法は大きな冷凍スペースが必要なので、事前にどれくらいの容量なのかをチェックして下さい。安易に作り置きすると冷凍スペースに入らず、結局腐らせてしまっては元も子もありませんしコスト・労力の無駄です。

調理前の下準備

事前に野菜をゆでておく。魚や肉の下処理をしておくだけで驚くほど効率アップします。カリウムがふんだんに含まれているほうれん草はアクが強いので、下茹で必須ですしこの野菜は冷凍が出来ます。ちょっと時間の空いた時にゆでておき、そのまま保存容器に入れれば下処理は完成です。食事が終わった時や掃除の合間など、ちょっとしたスキマ時間に出来るのでおすすめです。
また同じお湯で色うつりの少ない順にゆでるとコスパも良く、洗い物も少なくなります。肉や魚は下処理や味付けをして保存すると、忙しい時にも本格的な料理が頂けるので精神衛生的にも良いです。
忙しいからといって適当な食事ばかりしていると、身体だけでは無くストレスが溜まってしまいます。



TOP