マイクロスコープがある歯医者

歯をできるだけ残したい

進行した虫歯を治療する

一般的に根幹治療は、虫歯が悪化した時に行われるものです。
根幹治療では歯を抜かず、虫歯を治療した後に根元を殺菌することで、そのまま残しておくことができます。
この時の作業は複雑で非常に細かく、肉眼で対応するのは大変です。
そのため、マイクロスコープが歯医者で使われています。

これまでは虫歯が悪化した時は歯を抜くしかありませんでしたが、今は根幹治療のおかげで、生まれながらの歯を維持することができています。
ただ、悪化しない努力も必要だと忘れないでください。
虫歯になって放置しなければ悪化することを避けられ、歯を抜かずに、削るだけで治療できます。
その段階で済ませるのが最も良いので、虫歯のサインに早く気が付きましょう。

歯を失うことのリスク

例え治療でも歯を抜くと、根元にある神経に負担を与えます。
神経が傷つくと、今度はそこが病気になるでしょう。
いつまで経っても治療が終わらないので、最初から歯を抜かなくても良い根幹治療を行ってください。
ちなみに抜いた歯の代わりにブリッジを利用した場合は、保険を適応できますが耐久性が低いです。
ですから、好きな食べ物を食べられなくなるかもしれません。

インプラントは見た目が綺麗で丈夫ですが、保険を適応できず、かなり高額な費用が発生します。
さらに丈夫とは言われていますが、絶対に壊れないわけではありません。
耐久性は、本物の歯に比べると劣ります。
そのため自分の生まれながらに持っている歯を、いつまでも維持した方が良いでしょう。