マイクロスコープがある歯医者

精密な治療をしてもらおう

難しい治療を簡単に

これまでは、肉眼で口内を見ながら治療を進めていました。
しかしその方法だと細かい部分や暗い部分が見えにくく、治療がなかなか進まなかったり、大きく切開して施術を進めたりしていました。
それでは患者の負担が大きいので、今はマイクロスコープが導入されています。

マイクロスコープは顕微鏡のことで、それがあれば口内がモニターに大きく表示されます。
細かい部分を集中して見なくても良いので、医師の負担が減りますし、精度の高い治療が可能になるでしょう。
また大掛かりな施術でも切開する部分が少なく、治りが早く痛みが少ないなど、患者にとってのメリットも多いです。
マイクロスコープのおかげで難しい治療も、簡単にできるようになりました。

モニターを見て説明を受ける

歯医者で治療を受ける場合は、ほとんどが局部麻酔です。
ですから患者の意識はあり、治療中に医師から説明を受けることがあります。
その時に、これまでは言葉だけで説明を受けていましたが、それでは内容を理解できなかった人がいるでしょう。
しかしマイクロスコープを使っていればモニターに患部が表示され、それを患者も見ながら説明を受けることができます。

画像があれば理解しやすく、従来よりも安心して治療に臨めるでしょう。
口内でどのようなことが行われているのかわからないと、不安を抱いてしまいます。
それでは医師を心から信用できないので、治療の妨げとなります。
医師を信頼するためにも説明をよく聞き、わからないことは質問してください。