家庭のかたちはどう変わった?

アナタは大切な仕事や学校のイベントなどがある場合、前持って下準備をしませんか?料理も同じで、効率良く進めるのなら下準備が必要です。 休日に一気にするのも良いですし、当日に行うだけでもずいぶん違います。下準備を制する者は料理を制すると言う様に、出来上がりにも差が出ます。

調理をしている間の工夫が時短に繋がる

下準備を終えて調理を開始する。そこでもちょっとしたコツを使うだけで、より効率的に調理が出来ます。 出来る限り調理器具を使わなかったり、コンロの位置を固定したりやり方は様々です。ちなみに買い物をする際にも効率の良い周り型があるので参考にしてみて下さい。

後片付けがモチベーションに繋がる

調理が終わって料理を頂く。その後、面倒な食器洗いが待っていますが、これも調理中だったり調理直後にあるテクニックを使ったりするだけで効率が良くなります。 今すぐにでも食べたいと言う気持ちは分かりますが、後々の事を考えてちょっとだけ手間をかけて下さい。

下準備から料理は始まっている

家族・家庭の形は年々複雑になり「これが家庭のかたち」と当てはめるのが難しくなりました。昭和の時代であれば夫が外に出て働き、妻が家を守る為に家事や育児に専念する。といったかたちがポピュラーですが、近年では共働きは当然ですし、核家族にお互いが同意の上で子供を作らないDINKS、結婚はしていないけど共に生活をしている事実婚があります。
しかしそこで着目して欲しいのが、昭和時代なら家を守るのは女性の役割でしたが女性も外に出ているケースが多くなり、家事を分担する様になりました。その為、男性でも家事をするのが当たり前ですし苦手だからといってやらない訳にはいきません。
そんな様々な家庭のかたちを持つ現代ですが家事、特に料理の状況はどうなっているのでしょうか?共働きの場合は役割分担をするのがメインですが、仕事から帰ってきてじっくり料理を作っているヒマなんてありません。かといって毎日外食では身体に負担がかかりますし、宅配サービスはコストがかかります。
多くの方が実践しているのが料理の時短術です。短時間で効率的に作る事で日々の家事が時短出来ますし、急に残業が発生しても問題ありません。また家事を少しでも楽にしたい!と考える方からも支持を得ているので、アナタだけにこっそりお教えしたいと思います。共働きの方だけでは無く、一人暮らしや自分の時間をもっと確保したい方にもおすすめの情報ですので、今日からさっそく取り入れてみましょう。


TOP